ブラックライトの特徴・用途

蛍光反応を見る際の注意
ブラックライトで蛍光物を照らす場合はなるべく暗い場所で行ってください。
明るいところで観察すると、可視光が反射して蛍光反応が見えづらくなります。

製造業でのブラックライトの用途

当社で取り扱っているLEDブラックライトは電源、すぐに100%の出力を照射します。従来のブラックライトのようにウォーミングアップの必要はございません。正確な出力が必要な検査等にはHygrangeaシリーズをおすすめします。簡単な検査などには砲弾型のシリーズをおすすめします。

探傷検査(PT,MT)

製造業01
航空機の金属部品等の非破壊検査のブラックライトとして

詳細を見る>>

電子基板のチェック

製造業02
電子基板のフラックスの残留チェックや異物の確認等に

詳細を見る>>

リークチェック

製造業03
エアコン、パイプ等のリークチェック確認のブラックライトとして

詳細を見る>>

その他、紫外線硬化樹脂等にもご使用頂けます。紫外線硬化樹脂は成分により固まりやすい波長が異なります。365nm~405nmまでの波長を取り揃えておりますので、お使いになられる樹脂にあった波長をお使いください。

鑑定・偽造防止でのブラックライトの用途

研究分野における蛍光

研究分野
研究室での蛍光反応に


詳細を見る>>

紙幣の偽造防止インクのチェック

鑑定01
紙幣に印刷されている偽造防止インクの確認用に

詳細を見る>>

クレジットカードの偽造防止マーク

鑑定02
クレジットカードの偽造防止マーク確認用に

詳細を見る>>

社内チェックコードなど

鑑定03
簡単には見ることのできないインクの確認用に

詳細を見る>>

鉱物、宝石等の確認に

鑑定04
ダイヤ、ルビー、ウランガラス等の蛍光確認に

詳細を見る>>

 

生活・ホビーでのブラックライトの用途

ホコリや汚れなどのチェック

生活01
色くずや尿の飛沫等の確認に


詳細を見る>>

蓄光素材への蓄光

生活02
蓄光型ルアーや蓄光バンドの蓄光用ライトとして

詳細を見る>>